正しい知識が必要?リンパマッサージの注意点

リンパマッサージによる健康づくりの情報サイト

リンパマッサージの注意点

リンパの循環が滞ると思われる原因

あなたは肩こりや疲労感がいつまでもとれないと悩んだことがあるでしょうか。
リンパの流れが悪くなると、肩こりや疲労感がとれないということがあります。
リンパの流れを滞らせる原因としては、職場などのデスクワーク中心の生活による運動不足やストレス、水分の摂取不足、冷え性などが考えられます。
運動不足の場合は、デスクワークのみならず、外出先での乗り物などのように同じ姿勢を長時間することでリンパを滞らせてしまいますので、適度な運動をされることをおすすめします。
身体を動かすことで、ストレスも発散できます。
水分補給も忘れないようにしましょう。
手足によく冷えを感じるという冷え性の方は、リンパの循環が低下しがちになりますので、お風呂などに入られる際には、ぬるま湯でゆっくり入るようにされると循環がよくなる場合があります。

逆効果にならないために

栄養や酸素などを含む血液を送りだすポンプのような心臓の機能がないリンパは、血液の動きよりも流れが遅いため、リンパ液に含まれている酸素と栄養のほかにも細菌や老廃物も含んでいるためリンパは循環が滞る特徴をもっています。
循環が滞るリンパをスムーズに流れさせるサポートといえるのがリンパマッサージです。
リンパマッサージがよいといっても、やり方が間違えば逆効果になります。
どんなことに注意すればよいでしょうか。
1.食後すぐ、お酒を飲んでいるとき、身体が疲れているとき、体調が悪い、皮膚の状態がよくないときはリンパマッサージはやめましょう。
2.末端からリンパ節にするマッサージを逆方向で施行しないようにしましょう。
3.リンパ管の毛細血管ですからやさしくなでるようにしましょう。
リンパマッサージを上手に取り入れて、美容と健康を維持していきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る