正しい知識が必要?リンパマッサージの注意点

リンパマッサージによる健康づくりの情報サイト

いつまでも若々しい、健康な身体の維持をこころがげましょう

リンパの役目を知ろう

リンパは無色のたんぱく質とリンパ球を主とした液体で、脂肪を吸収する小腸をはじめとした全身の臓器や組織のすきまにゆっくりと流れています。
リンパ液は、栄養と酸素、老廃物や乳酸、細菌などを含んでいます。
老廃物や乳酸、細菌などが含まれているリンパ液は、やがてリンパ節にとらえられ、人体に有害と思われる細菌や老廃物をろ過する役目をもっています。
リンパ節の中には、リンパ球、マクロファージなどの免疫細胞が集まっています。
風邪を引いたときに、のどの痛みを感じるのが、のどの奥にある扁桃腺(へんとうせん)です。
扁桃腺は、リンパ節の1つです。
風邪などで、扁桃腺が腫れるのは、扁桃腺の中でリンパ球が増えて細菌と戦うために起こる現象です。
リンパ節の中にいる免疫細胞により細菌などを攻撃し、食べつくされることでリンパ液は浄化され、きれいな液体となって流れていきます。

リンパマッサージによる効果

リンパ液は体内全域に流れていますので、血液と同じようなイメージをもつ方もおられるでしょうが、リンパ液は血液のように心臓がポンプの役割をして全身に循環させるという機能がありません。
つまり、リンパ液を循環させるのにはポンプ機能をもったものがありませんので、流れが遅く滞りやすいという特徴があります。
リンパ液の流れが極端に遅くなり、滞るとリンパ管内に老廃物がたまりだすことにより、むくみが発生します。
このむくみを放置してしまうと病気になりやすい体質となる原因になります。
リンパ管にたまりだした老廃物などを排出するには、リンパ液の流れを助けるリンパマッサージをするのがもっとも効果的な方法の一つです。
左右の鎖骨(さこつ)周辺に、リンパ節があり、このリンパ節に詰まりが起きやすいので、やさしくほぐすようにマッサージすればリンパの循環がしやすくなります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る