正しい知識が必要?リンパマッサージの注意点

リンパマッサージによる健康づくりの情報サイト

いつまでも若々しい、健康な身体の維持をこころがげましょう

リンパマッサージはなぜ必要なのでしょうか。 体内に循環するリンパ液には、酸素と栄養を運ぶ反面、乳酸や老廃物も含んでいます。 リンパ液の循環が滞ると老廃物や乳酸は細胞にたまりだし、むくみの原因となります。 このむくみを放置すると病気になりやすくなる可能性があります。

リンパがつまりやすくなる原因

リンパ液はゆっくりと体内を循環することで、人体に必要な酸素や栄養をすみずみまで運び、それらを消費させた老廃物や体内に付着しそうな細菌やバイ菌も運び、リンパ節でろ過しています。 しかし、老廃物などがリンパにつまることがあります。 その原因とはなんでしょうか。

リンパマッサージの注意点

リンパマッサージをすることで、細菌や老廃物をスムーズに循環させることで、病気やむくみからも解放されやすくなります。 しかし、マッサージの方法や圧力のかけ方によっては、せっかくのマッサージが逆効果となってしまいます。 どんなことを注意したらよいでしょうか。

リンパ液を循環させるには

私達の体内にはリンパ管と呼ばれるものが張りめぐされており、リンパ管の中にはリンパ液や血液の成分である血しょうというものを作っています。
このリンパ管には、リンパ管とリンパ管をつなぐ中継地点のようなものがあり、この中継地点なるものをリンパ節と呼んでいます。
リンパ管とリンパ液、リンパ節のことを総称して、リンパと言われています。
体中の細菌や老廃物などを付着させたリンパ液がリンパ管に吸収され、約800ほどのリンパ節に送り込まれることで、リンパ液の中にあったものがろ過され、きれいになったリンパ液が再び体内に循環していきます。
リンパにはこのような排泄機能と免疫機能の2つのはたらきがあります。
この2つの機能がうまく働いてくれないと、全身のむくみや倦怠感、慢性的な疲労や睡眠障害、体調不良など、身体の中に障害がおこります。
リンパのはたらきがスムーズになることで、健康な身体となります。
また、むくみなどが解消することで美容効果も期待できます。
リンパの流れを良くすることは、活動的な生活を維持するためにも欠かせないものだといえます。
このようにリンパの流れを良くすることは、健康な体の維持にはよいのですが、リンパの流れを良くするためのマッサージには、いくつか注意しなければならない点があります。
例えばリンパの流れの逆方向にマッサージすると、かえって老廃物をため込んでしまう結果になる場合があります。
リンパマッサージを行うときの注意点を守って、健康的な身体づくりをしましょう。

TOPへ戻る